陶器

POTTERY

お茶も陶器も、「土」が命です。

日々の暮らしの中で、お茶を飲むときはペットボトルでしょうか?それとも、ガラス製のポットでしょうか?どちらも同じお茶を飲むことには変わりはありません。お茶を自由に楽しみ、そして探求していくと辿り着く場所があります。それは、茶室という空間でもなく、お着物という衣装でもなく、「土」そのものでした。土には水質を変える力があり、そしてお茶を美味しく引き立てる秘密がありました。美味しいお茶を飲んでもらいたい気持ちだけでなく、お茶を通じて美術品としても陶器を感じていただきたい。お茶を飲む全てのものが、美術である。そんな想いで、私たちは陶器をご案内しております。

陶器

茶器類は、常滑焼を中心に厳選。

「土」という原点において、常滑焼は避けては通れない最高の場所です。天平時代から焼きの物が盛んで、日本六古窯と呼ばれています。その中でも急須作りが盛んになったのはなぜでしょうか。その秘密は、やはり土にあると私たちは考えています。海に面している常滑の土には、鉄分が豊富に含まれています。この鉄分が、お茶のアミノ酸と反応を起こし、旨み成分がより感じるのです。そんな茶器の聖地とも言える常滑で活躍される先生方の作品を中心に、全国の茶器類を厳選させていただいております。

陶器

美術とは、
美という術を感じる感性。

私たちが大切にしているものには、「空間」があります。空間には、当然育った環境や地域、国によって感じ方は異なると思います。その中で、お茶を楽しむには一人で飲む時もあれば、皆と集まって会話をしながら楽しむものもあります。その空間、場所こそが、美しいものだと考えています。そして、その美しさの中に「術」を加えることで、人の心には、豊かな時間が共有できるのかもしれません。茶器だけでなく、花瓶や生け花、日本の四季を感じる世界に、日本特有の感性が育まれると考えています。お茶を通して繰り広げされる空間のお手伝いをさせていただければ、こんなに嬉しいことはありません。

陶器
トップに戻る